脱毛クリーム?レーザー脱毛?永久脱毛の選び方

濃いひげ、熊のような体毛、剃るのが面倒なわき毛など、毛に関するコンプレックスを持っているヒトは少なくありません。ワタシもそのうちの一人でした。ヒゲとモジャモジャの胸毛が不潔なカンジですごく嫌でした。脱毛クリーム、レーザー脱毛、エステ、美容整形、永久脱毛にはどれが良いのか?

トップページ > レーザー脱毛って何?

レーザー脱毛って何?

レーザー脱毛・・・初めて聞いたときは「なんじゃそりゃ?」とか思ったモノですが、いまでは脱毛の方法ってどんなのがあるかな?ってみんなに聞いたら、必ずといってよいほど選択肢の一つとして出てきます。

で!エステサロンでレーザー脱毛ってよく言っておりますが、実はレーザー脱毛は一般的に医療行為になるので、皮膚科や美容整形外科といった医療機関でしかすることが出来ないんです。

エステサロンでもレーザー脱毛ができる場合がありますが、それはエステサロンがレーザー機器などを扱う皮膚科・美容整形外科などと提携している場合のみです。

医療レーザーの永久脱毛は、エステサロンではできないように決められています。

永久脱毛の処置が医療行為である以上、基本的に医師にしか取り扱うことができないものです。それだけではなく、レーザー脱毛の場合、治療技術としてレーザーの出力や照射時間の調整、適切な冷却処置が必要になります。

更に、レーザーは黒いものを焼く性質を持っているので、処置をする部位によっては眼の保護をしなければなりません。

そのほか、治療後も治療した部位の肌の保護など、ケアしなければならない点はたくさんあり、いずれも細心の注意が必要であるものばかりです。

これを考えると、レーザー脱毛が皮膚科などの医療機関で行われている理由がうなずけますし、「治療」と呼ばれる理由も理解できます。

「病院」と「治療」というキーワードから、レーザー脱毛は保険が使えるのか?と思う人がいると思いますが、残念ながらレーザー脱毛に保険は使えません。

保険が使えるのは、一般的に「美容目的ではない治療」にしか使うことができないルールになっています。永久脱毛は、病気の治療ではないということになります。

脱毛で悩んでいる人間はワタシをはじめ、沢山いるから、ぜひ保険がきくようにして欲しいモノですよ、ホント。他にも包茎治療なども、真性包茎だと病気扱い、仮性包茎だと美容行為だから保険が使えないといった美容と病気の間なんてホントささやかなモノです(^^

ただし、婦人病の1つに「多毛症」という病気がありますが、この治療にレーザー脱毛を使った場合、一部の医療機関では保険が使えるところもあるそうです。

参考となるサイトとなります