脱毛クリーム?レーザー脱毛?永久脱毛の選び方

濃いひげ、熊のような体毛、剃るのが面倒なわき毛など、毛に関するコンプレックスを持っているヒトは少なくありません。ワタシもそのうちの一人でした。ヒゲとモジャモジャの胸毛が不潔なカンジですごく嫌でした。脱毛クリーム、レーザー脱毛、エステ、美容整形、永久脱毛にはどれが良いのか?

トップページ > 家庭用レーザー脱毛機器・使用時の注意

家庭用レーザー脱毛機器・使用時の注意

「脱毛したいけど、やっぱり自分のいまの手持ちではムリッス・・・(涙)」

永久脱毛を考えているが、医療機関などで永久脱毛の処理を受けると高いというトコロから、どうしても、他でなんとか出来ないモノなのか?と考えてしまいます。

実際、ワタシもそうでしたしね(^^;

医療機関、エステサロンなどに通わなくても安くで永久脱毛する方法は無いのか?しかもできれば家の中でも出来たらいいんだけど。だって仕事が忙しいから・・・

そんなとき、脱毛グッズというモノをしりました。脱毛グッズは主に2種類、肌に塗るクリーム、ムースのような軟膏タイプと、家庭用の脱毛機器を主としているモノがあります。

家庭用脱毛機器でも、(毛を)抜くタイプのもの、剃るタイプのもの、最近では家庭用でも電気脱毛機、レーザー脱毛機まであります。

(毛を)抜く、剃るタイプのものでは、ナショナル製のソイエなどのシェーバータイプのものは、誰でもよく知っているのではないでしょうか。

一方、家庭用のレーザー脱毛機があることには大変驚きです。
一般的には、皮膚科や美容整形外科などの医療機関の医師でないと、そのレーザー脱毛機を扱うことができないからです。

医師だけにしか扱えないようになっているのは、レーザー脱毛の場合、その性質を活かして毛根など毛の根源になっているものを破壊するわけですが、その際に熱が生じ、下手をすると火傷を負ってしまうことがあるからです。

このようなレーザー脱毛ですが、家庭用のレーザー脱毛機は医師ではない人が扱っても安全なのでしょうか。

家庭用のレーザー脱毛を使用して起きた発生したトラブルは、皮膚の火傷から深刻なものだと目に照射して失明というものまでありました。

基本的には医療レーザーと同じような性質を持つものを扱うことになりますので、使用の際は十分注意しなければなりません。

また、医療機関で行われるレーザー脱毛のような脱毛効果が期待できるのかどうかという点でも、永久脱毛までは至らないそうです。

今のところ永久脱毛が実現できるのは、やはり医療機関で行われるレーザー脱毛などだけのようですので、脱毛機器や脱毛グッズを使う際は予め認識しておく必要があると思います。

参考となるサイトとなります